大学中退したバカが自らの資金で上京した件について。

共有する!
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+
Tweet about this on Twitter
Twitter

みなさん、大変久しゅうございます、とげぞうです。ブログを開設し今日までほぼ記事をかけていなかったこと申し訳ないです!

というのもここ数ヶ月間、高単価のお仕事を失ったり引っ越ししたり取材のお仕事で東北へいったりと忙しく….言い訳ですが笑

そこで今回はいつもの“#自戒”を含め、今日までの振り返りと上京した理由、上京してから1ヶ月どうだったのかをログに残しておきます。

取材で全国を飛び回った2019年1月

新年あけましておめでとうございます… 本ブログでは新年に挨拶すらしていませんでしたね。1月は最初から母校がある滋賀県にいったり、東京や仙台に取材をしに行っていました。

この時は実家の愛知住まいだったのですが、月の半分以上は愛知以外の友達の家に寝泊まりさせてもらっていました。本当にありがとう。

そんな1月にはこんな出来事が…

“大学時代の戦友” がっちゃんと半年ぶりの再開

僕のTwitterをみてくれている人なら度々出てくるでしょう、彼が僕のほぼ唯一と行っても過言ではない大学の友達「やえがし くにひこ」、コードネーム「がっちゃん」です!!!

△これは会った時にツイートしてくれた、ブサイクな僕。

僕という人間〜とげぞうって誰やねん〜」に書いてある通り、僕は大学を1年と半年で中退しています。だから大学での友好関係は今となっては希薄で、LINEで連絡を取り合うなんてことは全くないです。

(というか、そもそも僕はLINEがあんまり好きじゃないからってのもある笑)

ですが、唯一繋がっているのが、がっちゃん氏。


彼とは大学でとにかく意識高い系の話をしていました。世の中について、起業いついて、就職について、お金稼ぎについてなどなど。

周りの大学生を寄せ付けないほどの気持ち悪さを発揮していたのかも…今思えば

でも、その分、彼とは濃い繋がりを今でも感じています。本当に感謝している。

がっちゃんについてはまた今後どこかでブログに登場します。あえて今回はこれくらいにして、僕たちの未来を楽しみにしてもらいましょう。

仙台の専門学校で完全孤独の取材

僕はこれまでお仕事としての取材をなんども繰り返してきましたが、大学のサークルであったり、専門学校に行くにしても会社のCEOと一緒に行ったりしていました。

だから、いつも気軽だったし、良い雰囲気で仕事に望めていました。

しかし、仙台の専門学校への取材は、20歳・社会経験はバイト半年の男が1人、しかも取材の制限時間は30分と今までにない制限付きの環境。

まぁ、結果から言えば普通の取材ができたわけだけれども、心はブレブレだったよね笑

こうやって人間は成長していくんだなぁ〜笑

それでも信念としてあるのが、指定されない限りスーツは着ないということ。

自分のスタイルを出したいということではないけど、あの着心地の悪さ!嫌いだもん笑

成人式が最初で最後、もちろん実家に放置してきたし、今度ある企業へ訪問しての打ち合わせも大学生みたいな格好で行く。

服装なんて関係ない。大事なのは態度と目。有無を言わせない実績を出して認めさせてやる!!

謎の社会に対する反抗心でした〜〜w

上京を決断した2月

1月に働きすぎて2月はあまり活動的にはなれませんでした。だから、生きていけるくらいのライティングをしたり、春休みに突入した大学生の友達と遊んだり、いわゆるニートのような生活ですね。

ただ、一人暮らしを始めることのできるくらいの貯蓄ができ始めていて、頭の中では上京しようかな〜なんて思ったり、思わなかったり。

毎日をダラダラ過ごしながらTwitterにいるすごい人たちを眺めたり、やさしいかくめいラボを見守ったり….

そんな中でふと思い浮かびました。

「大学生の頃のダラダラした生活に戻ってね?」

何回も述べてきましたが、大学をやめたのは背水の陣に身を置くことで行動せざるおえない状況を作るためという理由もあります。

ですが、それまでを振り返ってみると

①大学をやめる → ②スパルタキャンプ 行く → ③ライターで稼ぐ&やまけんさんに会う → ④ライターの収益が安定し実績を作る → ⑤ただ闇雲にライターする

誰にも経験できないような濃い体験や成長度合いには自信を持っています。しかし、安定を求めて行動した結果、安定が訪れ変化を好まなくなるのは不本意です。

そうではなく、常に問題が目の前にあって、解決することを楽しむ。そして、まずは同世代の中でトップになる(定義が曖昧ですが)。

それからの上京の決断はすんなり行きました。多少親に抵抗されましたが、なんて言ったって大学やめてますからね笑

家族にはたくさん迷惑かけていますし、今日、そしてみなさんが記事を読んでいるその時でさえ僕は誰かに支えられています。そんな方々に恩返しするには、並大抵の成長や実績では足りないでしょう。

僕は常に変化し成長を続けるしかないのです

出会いに出会いを重ねた3月

上京してから抽象的ではありますが、1年間の計画を立てました。いずれ公開しますが、今はまだしません。

そんな3月の目標は

①とにかく人と会ってきっかけ、繋がりを作る
②自分に足りないもの、やりたいことなど徹底的に自分を分析する
③自分を評価し育ててくれる大人を探す→4月はそこでスキルを一気に身に着ける

です。果たしてどうだったのでしょう。

“これやる?”と言われたら“はい、やります。”と全て即答した結果

20人以上の人と会ったのと5つのイベントに参加したのが3月の成果です。まぁまぁの行動力じゃない?笑

そして目標を鑑みると

①とにかく会ってきっかけ、繋がりを作る
平日は毎日誰かに会っている計算になるし、仲良くしてもらえる人もできた!ありがとう!

②自分に足りないもの、やりたいことなど徹底的に自分を分析する
→恥ずかしくて見せられないというか、いつか本にしたいから見せないんだけど、メモ・ノートはこの1ヶ月、死ぬほどとった。ただ、正直なところ解決できていないところが多い、来月も方法を改善しながら続ける。

③自分を評価し育ててくれる大人を探す
週2でWebマーケを教えていただける師匠に出会うことができたし、SEOのプロにも教わることができそう。ただ、お金の面が少しやばいかもなのでもう一つくらいインターンを探そうと思ってる。

また、「FreelanceNow」という日本で一番大きなフリーランスのコミュニティの運営を任せていただくことにもなりました。(興味ある方はTwitterのDMなど連絡してね)


こんな感じでほぼクリアしている、、、、が、自分の中のモヤモヤは全然晴れない。

というのも、上京後の大きな目標が『今、世の中にない、自分が創造したサービス・製品で人々の役に立つ』だから。

つまり、“アイディア”を形にする、その“アイディア”が何も生まれなかった。本当に難しい、でも自分の中で期限も決めている。

もう少しPDCAを明確にして、4月は取り組んでいこうと思う。

やまけんさんとの再会

3月のできことで大きかったのはやまけんさんに会えたこと。

このブログではほぼ解説していないので簡単に話すと、やまけんさんがTwitterを始めたぐらい(2018/10)のとき、DMを通じて食事をしたのをきっかけに大変お世話になっている。

 △これは初めて会った時にツイートしてくれた、ブサイクな僕Part2。

お仕事もいただいたり、電話を通じて相談に乗っていただいたりなど、お世話になりすぎていてやばい笑

会ってからは、教えていただいたことを全部実践し、そのおかげでライターとしての実績はなかなかすごいものになったと思う(自分でいうのもなんだがw)

そして、3月に会った際には、成長を感じていただけたのかな?(反語まである)と思いつつ、これからのことやミッションを与えてもらい、次のステップへ背中を押していただいた。

またまたお世話になってしまった笑 なかなか、giveするのは難しいことかもしれないけど、成長して結果を見せることで少しは恩返しできるはず。

僕の世代は今年大学3回生となり、就職を考える時期に差し掛かるけど、僕は今年1つ大きな結果を必ず出す。ぜひ注目しておいて欲しい。

これからの自分とみんなにとっての自分

ちょっとかっこいい見出しにしてみたのだけど、結局言いたいのは、“一生懸命”になろうということ。

これは全員が普段簡単に口にする言葉ではなく、文字通り“一生に命をかけろ”という意味。

僕は大学をやめてから今日という日まで命をかけて行動している。もちろんこれからも命をかけて人生の大実験を続けていくだから、みんなもその実験結果を楽しみにして欲しい。

今ありがたいことに250人近くのフォロワーさんがついてくれている。紛れもなく皆さんは僕の実験を最初から見守るオーナー。成功したらそれは良いことだけど、失敗し枯れていくのも一興だと思います。

そんな人生の物語を楽しんでください! 以上!

共有する!
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+
Tweet about this on Twitter
Twitter

とげぞう(平沢岳史)

Japan

大学2年で中退し、webライターの仕事に出会う。フリーランスでお金を稼ぎながら、起業に向け様々な事業を進行中。愛知県出身、やさしいかくめいラボ所属、取材などのお仕事依頼常時受付中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です