「巻き込み」が重要?ユーザーコミュニティの作り方

コミュニティの作り方
共有する!
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+
Tweet about this on Twitter
Twitter

「コミュニティについて調べたけど、コミュニティの作り方がわからない・・・」
「コミュニティを作るって、どういうこと?」

もしあなたが、コミュニティを作る「コミュニティリーダー」の場合、本記事で紹介する事を意識することで、コミュニティの作り方における基礎を習得できます

そこで今回は、そのコミュニティを自分で始めるための「コミュニティの作り方」を勉強していきましょう。

コミュニティの作り方① 事前準備編

コミュニティ 作り方 準備

コミュニティを作る前に、どのようなコミュニティにするのか考えましょう。コミュニティには様々な種類があります。

リアルでの交流を楽しむものもあれば、インターネット上で情報を共有し合うようなコミュニティなど、その種類は様々です。

コミュニティを発足させる前に、以下の事を意識していきましょう。

① 自分が形成したいコミュニティの理想を考える

まずは、自分が形成したいコミュニティの理想を考えましょう。

  • コミュニティの目的は?
  • どんなことをするの?
  • それは自分が好きなことなのか?

といった事をノートでも何でもいいので書き起こしてみてください。

思考の整理がされ、より自分が作りたいコミュニティとその理想像が見えてきます。

② 同じようなコミュニティがないか調査する

自分のコミュニティの理想像を書き出した後は、同じようなコミュニティが既に作成されていないか調査しましょう。

これは「市場調査」です。既に大きなコミュニティが形成されている場合、ほぼそのコミュニティにユーザーは吸収されてしまいます。

もし自分の競合となるようなコミュニティが作成されている場合、自分のコミュニティにしかない「ユニークさ(イベントを活発に行うなど)」を考え、それを売りにしていくと良いでしょう。

③ どんな人がターゲットか洗い出す

次に、自分のコミュニティに誘う人はどんな人なのかを考えましょう。
基本的には、「自分と似た考えの人」「その分野(コミュニティ)に興味がある人」をターゲットにすると良いです。

以上の観点から、はじめに誘うのは親しい友人をおすすめします。

そこまで親しくない人をコミュニティに誘っても、乗り気になりませんよね?

また、コミュニティの広がり方はコミュニティメンバーの口コミが大半を占めます
「その友人がさらに知り合いを呼び込んでくるかどうか(コミュニティの拡大に熱を持って取り組んでくれるか)」も意識しましょう。

コミュニティの作り方② 盛り上げ方編

コミュニティ 盛り上げ方

「コミュニティを作る」というのは、人数を集めてチームを結成することだけではありません。
皆で活動し、共有することも「コミュニティを作る」という行動の一環です。

ここでは、コミュニティをある程度作ることができた時期を想定しています。上手くコミュニティを作るコツを学びましょう。

① メンバー同士連絡の取れるグループを作成する

まずは各メンバー同士が気軽に連絡を取れるようなグループチャットを作成しましょう。

オンラインの活動が主なコミュニティはそのグループチャットが活動拠点となります。主な連絡手段は「LINE」「Slack」「Messenger」「Discord」等が挙げられます。

最近はゲーマー向けに開発された「Discord」が流行しているようです。

② コミュニティリーダー(自分)が率先して導く

コミュニティに人を集めるだけがあなたの役割ではありません。最初から活発に動くコミュニティは存在しません。活発にするためにも、まずは道しるべを示しましょう。

その先陣を切るのは、コミュニティリーダーであるあなたです。率先してイベントを開いたり発言をしたりしましょう。そうすることでメンバーに「ここは発言してもいいんだ」という安心感を持たせることができます。

③ 必要以上に求めない

先陣を切るのは構いませんが、必要以上にメンバーに求めないようにしましょう。ここはあくまでコミュニティです、活動や発言の自由はメンバー個人にあります。

「なんでもっと活発にならないの?」などと怒らずに、メンバーみんなが快適に過ごせるような環境を作りましょう。
リーダーがガツガツしすぎると、メンバーはなかなかついてきません。

コミュニティを作り方③ 発展のさせ方編

コミュニティ 発展させ方

コミュニティを作ったそのあと、更にコミュニティを発展させるためにはどうすればいいでしょうか?

① 温度感

自分の周りのメンバーとの温度感が大事です。熱すぎて「このコミュニティウザいな」と思われてしまったり、冷たすぎて「このコミュニティリーダー本当にやる気あるの?」などと思われてしまうこともしばしば。

親しき仲にもなんとやら。距離感を保ってコミュニティを運営する事を第1に心がけましょう。メンバーあってのコミュニティです。

② コミュニティは永遠ではない

あなたが作ったコミュニティは今後1000年存続し続けるでしょうか?答えはノーです。いつかはなくなります。

人は流動的な生き物です。ずっと残る人もいれば、川を流れる葉のようにすぐに流れてしまう人もいます。あなたのコミュニティに永遠に同じ人が存在するわけではないことを心に刻んでください。

③ やりすぎは禁物

何事も限度が大事です。コミュニティの運営に力を入れすぎて他のことがおろそかにならないようにしましょう。

「体を壊したのでコミュニティ活動はしばらく休みます」とリーダーがいうようなコミュニティに人は集まりません。
適度に休息を取りながら、コミュニティメンバーと親交を深めてください

コミュニティを作るなら、巻き込んでいくことが大事

コミュニティの作り方、そして発展させる方法はコミュニティリーダーであるあなた自身がまず率先して行動を起こすことが大事です。みんなの道しるべになり、コミュニティを導きましょう。

そうすることで、次第にあなたの真似をする人が増えていき活発なコミュニテイに進化します。魅力的なコミュニティの作り方は、あなた自身にかかっています。

共有する!
Share on Facebook
Facebook
Share on Google+
Google+
Tweet about this on Twitter
Twitter

とげぞう(平沢岳史)

Japan

大学2年で中退し、webライターの仕事に出会う。フリーランスでお金を稼ぎながら、起業に向け様々な事業を進行中。愛知県出身、やさしいかくめいラボ所属、取材などのお仕事依頼常時受付中。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です